<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
再開、そして別れ
1か月ほど放置してました。天気職人です。


テストも終わり、春休みに突入したのはいいのですが・・・・






今日は久々な更新にもかかわらず、重めな話。


つい先日、心臓と肝臓の病気で入院していた祖父が亡くなりました。


医者に、あと1,2カ月くらいですと言われていただけに、予想以上の早さに、連絡を聞いた時は嘘だと思ってしまった。


バイト中だったけど店長に言って抜けさせてもらい、病院へ直行。


病院に着くまでは現実なのかどうかさえも全然わからないくらい、なんかふわふわしていたというか、頭が真っ白だったってのはこうゆうのかなーと思った。


病院に着いて、号泣している祖母の姿を見て、あぁ、本当なんだな・・・と実感した。


祖父は今までさまざまな病気を患い、入退院を繰り返してた。


そのたびに、元気な姿で退院してはいつも笑ってた。


入院するたび、祖母が「また一緒に家に帰ろうね。」と祖父に言うと


「うん。」


祖父はそう答えたという。


しかし、今回の場合、祖母がいつものように帰ろう、頑張ろうと語りかけても、


祖父は何も言わず、ただうつむいていたという。


ある時、祖父は、


「ばあちゃん、もうだめかもしれないなぁ・・・」


そう呟き、眠りについたと祖母は言っていた。


そのまま、祖父は起きることはなかったという。


よく、犬や猫は自分の死を悟るとどこかへ行ってしまうという話を聞きますが、この話を聞いて、人も死を悟ることがあるのかなぁと思った。


正直、その話を聞いた後は自分も泣いてしまっていてよく覚えてません。


昨日今日と、お通夜に告別式があり、祖父に別れを告げてきました。


参列してくれた人がお通夜だけで500人以上、告別式もそれ以上いたそうです。


いつも笑顔で優しい、本当に尊敬できる立派な祖父でした。


これからはゆっくり休んで、いつまでも私たちを見守っていてください。


本当にありがとう、おじいちゃん。
[PR]
by weather_workman | 2009-02-26 22:29 | 雑記